カラオケ

2008年10月19日 (日曜日)

あんまり簡単に・・・(ビリヤード日誌206)

・・ハッちゃんがワインのボトルを注文するので、"間違って"自分も注文してしまったではないですか!
ここぞとばかりせびるマスター(猛爆
ハッちゃんは轟沈。
金もないのに御大尽やってる場合か、オレ?
危険だ。実に危険だ・・・

(ま、確かに美味かったのは美味かったのだが)
 
 
 

続きを読む "あんまり簡単に・・・(ビリヤード日誌206)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2007年2月19日 (月曜日)

カラオケリスト

でも、1週間もたつと
自分が歌ったのもなんだったか、思い出せなくなってきた・・・。
 
 
 
 

続きを読む "カラオケリスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年2月18日 (日曜日)

これからも続く・・・

 いや、だからもう終わったって。
 結婚式は。
 
 
 
 

続きを読む "これからも続く・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年12月18日 (月曜日)

CornerPocket忘年会'06(ビリヤード日誌91)

 近年は、年の瀬にはこれがないと・・・・
 
 
 
 
 

続きを読む "CornerPocket忘年会'06(ビリヤード日誌91)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年10月 9日 (月曜日)

カラオケ!(ビリヤード日誌88)

 ということで、引き続きなんとアッパーズ戦エントリー全員(!)と、カンバラさん、マスターの総勢11名でカラオケのあるバーに到着。えらいこった。
 
 わたくし、カラオケは1年は行っておりません。へろへろでしょうが、うたっちゃいましょう!
 
 
 それでは当日のメンバーのソングリストをどうぞ!
 (10/13 一部判明分を追加)
 ↓
 ↓

続きを読む "カラオケ!(ビリヤード日誌88)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年1月15日 (土曜日)

ビリヤード日誌38

 金曜日。
 今週は疲れました。日、月、出勤。火、水、福岡=札幌出張。木、打ち合わせ3本。
 帰らせて頂きます。

 お店へ。
 ビギナーズ戦が始まるまで練習。
 キューは暮れの忘年会以来家にあるので、ハウスキュー。

 ハナワさんと9ボール2先で対戦。
 1−1後の最終セット、9ボールがコーナー前にのこりフリーボール。
 昨日やった1クッションセンター出しの練習を思い出し、フリを付けて撞いたところ、見事ミス!
 以降、2人とも外しに外しまくり、延々15分。
 あとから来店の若旦那、呆れ気味。
 とにかく決着はつくも、マスターから厳しく教育的指導。
 「昨日の練習をとおもったのかもしれないが、試合の9番とは状況が全く違う。9番では”練習”をしちゃいけない!!9番は”確実に取る”ところ。フリなんか作ってちゃダメーーー!!!!!状況を認識するように!!」
 シツレイいたしましたーーーーっ!!
 
 22時からビギナーズ戦を観戦。なんと実業団部長がニッスィーと来店(なぜ?)、ギャラリーに。
 5名エントリー(五代目、ニッスィー、Mr.、風任せ社長、セイコ姉)、総当たり2試合、9個の5個先取り、1先。勝ち数、イレ個数で順位付け。

 前半戦、全勝なし。だれでも優勝のチャンスあり。暫定1位:五代目、同2位:風任せ社長。

 後半戦、進行につれ、五代目とセイコ姉が勝ち星を伸ばす。二人ともキューの出がよく、きれいにポケットしていく。最後の試合は五代目VSセイコ姉。五代目、3個落としリード。しかし、セイコ姉、ここからまくり。最後、3個をノーミスで片付け、逆転勝利。

 表彰式。
 5位:Mr.(意外な展開。なぜか勝ちが伸びなかった。)
 4位:風任せ社長(イレ個数はダントツなのに。あと1個で勝ちきれず)
 3位:ニッスィー(前半戦の出遅れが響いたか)

 1位と2位は、勝ち数5勝で並ぶ。イレ個数が31個と30個。
 優勝は、
 
 
 
 
 
 
 
 
 五代目!!!    
 悲願成る! やったね!ついに初優勝!!!おめでとーーー!

 残念、セイコ姉!惜しくも2位。

 見違えるきれいな球の動きで優勝の五代目。天ぷら店の切り盛りの中、練習はなんと「素振りだけ」とのこと!!フォーム固めって大事なのねん。
 握手攻めにあう五代目。もちろん私も握手。同期生みたいなもんだもんね。うれしいね。


 試合終了後、カラオケ。
 マスター、若旦那のほか、セイコ姉、風任せ社長、そしてニッスィー、実業団部長。
 
 若旦那「komeiさん、『さくら(独唱)』唄ってよ。HPに書いてあっちゃ、オレ唄えねーよ」
 私「前に行ったときに唄ったじゃねーの。いいよ別に、HP書いたからって、持ち歌じゃねーんだから。唄いなよー」
 結局、唄う私。
 若旦那は、『生きとし生ける物へ』を。(でもこんどは『さくら(独唱)』も唄ってよ!)
 
 進行途中、ニッスィーと部長がいつの間にやらなにがどーしてどーなったのかもうすっかり出来上がってしまっちゃっていることが判明。CornerPocketで生まれた近年めずらしくたいへんさわやかな微笑ましい話題なので、みんなで祝福すべく(=ひやかすべく)愛の唄を贈る。
 セイコ姉はCoccoなどはつらつと。
 風任せ社長は「はじめてのCHU」を大人の雰囲気たっぷりに(=ねちっこく)絶唱。
 マスターも「大阪」を熱唱。
 私はセリーヌ・ディオンを。当然にしてマスターに不評(「やっぱりkomeiさん、男の唄がいいよ・・・・。」)。ちょっと考え直してみます。

 と、いつも通りの進行で、夜も更けきり、部長はこっくり、ニッスィーはねっとりしはじめてきたので(?)、夜明け近くに散会。
 みなさん、無事に帰宅出来ましたか?(特に社長!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2004年10月11日 (月曜日)

復活、ビリヤード日誌27

 金曜日、店に寄る。
 ここ数日、「引き球」の練習にハマる。
 ストップショットの練習の延長戦上に、引き球がある。
 簡単に言えば、ストップショットできる撞点よりも下を撞けば引けるのだ。しかし・・・・

 スタートはストップショットの撞点を探すこと。
 1ポイント後ろの撞点は?
 2ポイント後ろの撞点は?
 3ポイント後ろの撞点は?

 しかし、私のような初心者が、距離のある的球に対して引き球を撞こうとすると陥るのが、無意識の内に強く撞いてしまうこと。たくさん手球に逆回転を与えたいと思って勢い強く撞いてしまうのだが、手球の下を強く撞けば引けるかというと物事は簡単ではない。
 手球に逆回転を付けようとするためには、
 1. キューは出来る限り水平に
 2. 手球にインパクトするときに、最もストロークのパワーが伝わるようにする
というぐらいは考えつくが、しっかり引き球を撞こうとすれば、さらに、
 3. ストップショットを撞くときの力加減で(力一杯撞く訳ではない!)
 4. キューは相当前にだす「イメージ」で

 私の問題は、
 1. キューが上から出ている。
 2. インパクトのとき、最も力が伝わるのは、腕が地面に90°のときだが、私はキューを随分前に握っていて、インパクトのときには90°を通り過ぎていた。修正するには、キューを手球に極限まで近づけて(つまりインパクトの瞬間に近づけて)90°になるようにグリップの位置を後ろに下げること。
 3. 距離があるので、無意識の内に強くキューを振っている。強く撞かないようにすること。
 4. 長めに導線を取ること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004年10月 3日 (日曜日)

復活、ビリヤード日誌25(イチローもあるよ!)

 結局、木曜日は風邪気味だったのでチャレンジマッチはキャンセル。またくるよね、ガレゴ!
 当日は早帰り。おとなしく薬を飲んで寝る。

 金曜日
 戦略策定スケジュールが、一気に前倒しになってしまう。そんなん、どないすんねん。
 上司が私と部下を飲みに誘う。飲んどる場合かとも思うが、ハイハイ、おつきあいしますか。。。
 ひとしきり職場組織のミッション論を語る上司。
 素面のときに部長とできるといいですね、その話し。

 知らぬうちに上司は払いをすませて姿を消す。なぜ?
 そして、なぜか、部下に火が点いてしまったらしく、隣の担当の課長もひきづりこみもう一軒いく、と。おつきあいしますか。。。
 そうこうしているうちに、集まりは隣の部の担当者までも巻き込み、12人ほどの集団に。みんななかよし。私はあんまりよくしらない人も多いけどなにやらにぎやか。
 時も押し迫り、部下が「お金足りないんで、貸して下さい」。なぬ?ま、いいか。ハイハイ、どうぞ!

 酒席2本もやっといて、はっきり言ってこちらは全く発散するところなし!金だけが発散。なんとも言えぬ不条理感に気分は最低。アルコールはぐるぐる回り、精神的に最悪の状態で、アッパークラス戦へ。1時間遅刻(届け出済み)。

 6人エントリー、4ボール、2先の総当たり戦。
 遅刻のため3連戦。 本来だと、対戦者も取り口のポイントも覚えていないとと思うのだか、そもそも気分が荒れ気味の状態で、今日はダメ!!全然ダメ! 押しては返す波のように沸々とわき上がる怒りともつかない感情に支配され、闇雲に力任せにキューを突き出す。試合展開とか考える余裕がない。
 初戦、若旦那。負け。
 2戦、ミッドナイトの測量技師さん。連敗。
 3戦、ゴッちゃん。勝ち。
 4戦、森田君。負け。
 5戦、トシ君。勝ち。
 結果は、2勝3敗。4位でフィニッシュ。よく全敗しなかったな・・・・。

 試合途中、見かねたマスター、「じゃ、今日はカラオケでもいきまっか?!」あら、久々だね。どうしようかしら。

 試合終了後、早々と店を畳む準備に入るマスター。通常閉店時間より前だよ??
 「komeiさん、いきますよ!」「はい、わかりました」

 気がつくと、駅近くのカラオケスナックに。
 マスター、若旦那、ゴッちゃん、トシ君も一緒だ。

 聴いた限り、覚えてる限りでの歌の傾向・・・
 若旦那は、尾崎豊、サザン、(次回は森山直太朗歌わせてくれ、オレも練習してんだから)
 マスターは、爆風スランプ、
 トシ君、ブルーハーツ、
 ゴッちゃん、オレ最近のわかんねーよ!上手いけど。
 私は、クイーン、エクストリーム、柳ジョージ(女性ボーカルの歌は「あの変なのは、やめた方がいい」とマスターに評判がよろしくない。私は色物なので勘弁してほしい)

 大絶叫大会は明け方まで続く。みんな、たまってるのね。

 終了、午前7時。
 帰宅後、11時に起こしてもらうことにして短い睡眠。

 なぜ11時か。
 イチローのシーズン最多安打メジャー記録更新が掛かっている試合をBS1で見るためだ。
 いつもは娘がいるところでテレビを付けることは滅多にないが、今日は特別だ。共に見よ、娘よ。世界で戦う日本人の勇姿を!!

 11時に娘に起こされる。まだ頭の芯がボーッとしている。鈍い痛みも感じるが、そんなことを気にしている場合ではない。テレビを付ける私。

 Bottom of 1st
 先頭打者のイチロー、観客はすでにスタンディング・オベイション状態!
 1バウンドでサードの頭上を越すヒット!!
 あっさりタイ記録達成だ。セーフコ・フィールドに花火!割れるような歓声(NHKは音を絞ってるみたいだけど)。

 Bottom of 3rd
イチローの打席になると、もう球場は総立ち、大歓声。1回と同じだね。
 ショートの脇を抜けるヒット!!
 いや、またもあっさりと・・・・!花火だよ花火!荘厳なファンファーレも。マリナーズベンチからみんなイチローの所へ集まって祝福だ!いいねぇ、チームメートって。ジョージ・シスラーの子孫のところへ挨拶に。かつての記録保持者から、新しい記録の担い手へ。いいねぇ、メジャーってこういう演出が憎いよね。ファーストにイチローがもどっても鳴り止まない歓声。いいねぇ、メジャーの観客って。

 昼食中は視聴中断。娘が食べ終わって、再開!

 テレビを付けたとたん
 Bottom of 6th
イチロー、ヒット! 259本!記録を作った後が大事と常々いうイチローらしいね。

 試合も勝って、インタビューも見て。
 いや、堪能しました。
 3時、撃沈。昼寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2004年5月17日 (月曜日)

最近、聴いてないねぇ

アメリカのチャート。

日本のアイドル路線が嫌いで(例外はあるけど)ずいぶん前から洋楽ばかり聴いておりました。
かつては、紅白歌合戦も見ませんでした。
かわりに、FMでの今年の洋楽ヒット特集番組なんか聴いたりしてましたね。
80年代ー90年代半ばまでは、アメリカ一辺倒!

でも、いつからでしょう。
ラップとヒップホップが全盛になって行ったあたりから、
どうもなじめなくなっていったなぁ。

要は、わたしが歌えないからですね、はい。
歌っても面白くないもん。

時計の針は戻らないので、こんなことを望んでも詮無いことだけど、
また、ポップやロックのいい曲ががたくさん聴ける時期が来るといいなぁ・・・

ということで、洋楽のカラオケが大好きです。
アメリカのヒットチャートもの90年代前半までです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|