« 図書館のシステムは | トップページ

2013年10月28日 (月曜日)

娘は高校生になっていた

とっくに4月から。
 
前期終了前の試験とやら、今月頭に戻ってきていて、英語数学国語社会とふんふんこんなもんかいまあごくろうごくろうぐらいに思っていたのだが、理科、特に生物がどえらいことになっていて、30ウン年前に習った内容と全然ちがってて、見ててさっぱりわからん・・・・

130.写真で見る生命科学 東京大学生命科学構造化センター

と、いうことで、生物科学がいったいどんなことになっているのかというのをアップトゥデートしておかんといかんのではないかと思い始め、ちょいと探してみることに。
 
これは、ほんとに写真集。
東大の工業科ジャンルの学部や文系学部でもやっぱり今時の生物科学ぐらいわかっとけよ、常識として。でも、教科書に書いてある生き物とか、生物の部分構造とか、見たことが無いと何言ってるかわかんないでしょ、だから見せてあげっから、イメージつかんで教科書もちゃんとおべんきょうすんのよ、というための副読本ですな。

本編の教科書もあるので、別の機会に見ておきたい。

|
|

« 図書館のシステムは | トップページ

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/58469972

この記事へのトラックバック一覧です: 娘は高校生になっていた:

« 図書館のシステムは | トップページ