« 9ヶ月も | トップページ | 第2四半期決算と修正計画で »

2011年9月25日 (日曜日)

変な本が・・・

・・・出ていたのについ反応してしまった。
 

87.サッカー非公式世界王者の歴史 ポール・ブラウン

 1966年のW杯で優勝したイングランドとその直後に対戦したスコットランド。勝ったのはスコットランド。そのサポーターが叫んだ「世界王者に勝ったんだから、真の王者はスコットランドだ!!」
 その精神を当てはめ、勝ったチームが負けるまで王者(でも"非公式"だけど)、という実にシンプルなフォーマット(要はボクシングのチャンピオンと同じ原理)で1800年代サッカーの国際試合が始まった最初の試合から現代まで"世界王者"の系譜をたどる。すると、現代のFIFA、あるいはW杯中心のサッカーの歴史とは全く違う世界が見えてくる。
 こんなと非常にマニアックなお遊びを、連綿と続けていらっしゃるお方が、ついにその本を出してしまった、そして、あろうことかその日本語翻訳版が先月出てしまった。
 遅かれ早かれ自分は気がついてしまうと思ったが、やっぱり気がついてしまった。サッカーの起源、FIFAの成り立ちと英国4カ国との確執、2度の大戦、近代サッカーの世界的広がり、そして、現在のチャンピオンはなんと「日本」という事実。ああ、おもしろい。実におもしろい。ものごと、楽しみ方っていろいろあるし、いろんなやり方で突き抜けられるんだなぁ。
 著者が立ち上げた"サッカー非公式世界王者サイト"もおもしろいわ。

|
|

« 9ヶ月も | トップページ | 第2四半期決算と修正計画で »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/52829052

この記事へのトラックバック一覧です: 変な本が・・・:

« 9ヶ月も | トップページ | 第2四半期決算と修正計画で »