« UNISON // The Shaken Case 007 | トップページ | えぇ、今月から・・・ »

2011年7月 2日 (土曜日)

WAITIN' ON SUNDOWN // The Shaken Case 008

Brooks & Dunn


そういえば、チャゲ&飛鳥っていまなにやってるんだ??
 
 

110702_1115371


90年代の男性カントリーデュオといえば間違いなくこのお二人でございました。
背も声も低い方のKix Brooks と 高い方のRonnie Dunn のダブルボーカル・ダブルソングライティングで、1990年結成、"Brand New Man""Hard Working Man"のビッグヒットアルバムのあとの3枚目がこのアルバム。
とにかく正統派ホンキートンクサウンドで最初から最後まで押しとおしてますな。
全米カントリーアルバムチャート1位。
5枚シングルカットのうち 1、2、5の3曲がカントリーチャート1位。


Little Miss Honky Tonk 3:02
She's Not The Cheatin' Kind 3:27
Silver And Gold 4:21
I'll Never Forgive My Heart 3:20
You're Gonna Miss Me When I'm Gone 4:53
My Kind Of Crazy 3:06
Whiskey Under The Bridge 2:53
If That's The Way You Want It 3:43
She 's The Kind Of Trouble 3:00
A Few Good Rides Away 3:51

 もう普通のポップでしょ
★カントリー・ロック
★カントリーのメインストリーム
 本当は堀内孝雄でしょ
 
1994 US
Arista 07822 18765-2

|
|

« UNISON // The Shaken Case 007 | トップページ | えぇ、今月から・・・ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/52100028

この記事へのトラックバック一覧です: WAITIN' ON SUNDOWN // The Shaken Case 008:

« UNISON // The Shaken Case 007 | トップページ | えぇ、今月から・・・ »