« いま、平行して | トップページ | WAITIN' ON SUNDOWN // The Shaken Case 008 »

2011年6月26日 (日曜日)

UNISON // The Shaken Case 007

Celine Dion


光岡ディオンの妹では・・・と無理矢理まちがえてみる。
 
 

110626_0735081
 
 いまさら「この人、誰」と説明するまでもない現代のDIVA。81年デビューからカナダ・ケベックで当時すでにフランス語圏でのビッグスターとなっていた彼女が、初めて英語でレコーディングした、いわば英語圏デビューアルバムがこれ。
 鼻とのどの奥の方でこもっているような不思議なソフトボイスでバラード、そののどを締め付けてのシャウトもどこかソフト。音の作りは良質のポップサウンド、CBSの音づくりですな。
 で、売れたのかというと、アルバムチャート70位台まで。シングルが、三枚目のカット、3が4位までが最高で、ほかは40位に入らず。まだアメリカ人には早すぎた?ま、結局後で売れちゃうんだからいいのか。


(If There Was) Any Other Way 4:01
If Love Is Out Of The Question 3:54
Where Does My Heart Beat Now 4:33

The Last To Know 4:36
I'm Loving Every Moment With You 4:08
Love By Another Name 4:52
Unison 4:13
I Feel Too Much 4:09
If We Could Start Over 4:23
Have A Heart 4:14


★王道ポップ
★ハナゴエ好き向け

1990 US
Epic EK 46893

|
|

« いま、平行して | トップページ | WAITIN' ON SUNDOWN // The Shaken Case 008 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/52045538

この記事へのトラックバック一覧です: UNISON // The Shaken Case 007:

« いま、平行して | トップページ | WAITIN' ON SUNDOWN // The Shaken Case 008 »