« 昨日は早退すみません(ビリヤード日誌226) | トップページ | 終わり善ければ・・・(ビリヤード日誌228) »

2009年12月13日 (日曜日)

「異動させることにした」(ビリヤード日誌227)

「・・・・・」
 

 

「評価にはオレは関わらないのだが、結果よくなかった。なんとか頼んでカネだけは出してもらえるようにした」
「・・・・・」

「いまの仕事はうまくいってないみたいだし、委託先や部下との関係も芳しくないようだし。 
「組織の体制も見直す。人事上メンバーの動かせるタイミングなどを考慮してのことだ。
「で、キミのやりたいこと、行きたいとこをすぐ教えてくれ。人事の締め切りが間もないのだ」
「急にそう言われてましても・・・・」

「人事の調書に『異動したい』って書いてあったから」
「『異動してもよい』です」
 
「それに、だいたい普段からこうやりたいとか仕事に対するこだわりとか持ってるもんじゃないのか?
「オレは、一緒に仕事したヤツを出す時はどんなヤツでも出来るだけ当人のやりたいこと、希望の場所に出す為にとことん動くことにしている。勝手に異動先決めて『合わなかったから上手く行かなかった』とか、後でこちらの所為にされてはかなわないから・・・・」

 
 
・・・などというやり取りから、面談スタート。
上司と隣の部門長と先輩の同僚まで入れて3対1。
 
ま、体のいい追い出し。
9月後半の担当スケジュールのやり取りの不具合から始まって、人事面接に向かう資料作成でも上記3人に責められる。話にどんどん尾ひれがついて、10月は部下のミステークのリカバリーと称してほぼ毎日責められ、収束したすぐに1週間出張。
月が変わって出張から戻って来たら、「担当代われ」と、別職場へ1ヶ月詰め込み。
そろそろそれも終わりかけた頃合いで、この話だ。
 
こんな調子なので下期は全く本来業務はやっていない。下期の評価にまわればまたヒドいありさまになるのは想像に難くない(そんなのもうどうでもよいのだか)。

それにしても、上司の信頼はこれほどもろく急速に、そして徹底的に失われてしまうものかと思う。
 
ただ、失われた信頼関係の中でただ長い時間を経過させて行くのも損失。
(関係の修復はほぼ困難であろう)
長居はしないほうがいい、というのも考えようだ。
 
 
これまで行きたかった職種、会社についてはすべて話した。
「いまさらそりゃむりだ」とか「これまでのキャリアとか捨てる覚悟か。そうじゃないと人事に説明がつかない」とか、先方も都合(これを「アドバイス」という)をいうので、あまり既存の路線と違わない線で「希望(もう希望じゃないような気がするが)」を出すと、すんなり聞き入れられた。
ま、単に口に出して言わせて言質をとった、ということだろう。被害者意識を丸出しにすれば、「誘導尋問」とか言えるかもしれないが、「主体的に仕事を遂行する」という思想を底辺とすれば、アプローチとしては間違いない。

ただ、上司とは1対1で話がしたいな、こんな話は。
それに、精神的に不安定な状況に追い打ちをかけられた状態で、自分の将来の展望を考えるのはしんどい話だった。明るいビジョンを思いつくのは難儀だ。
 
 
水曜日に最終的に回答。
すっきりした。
ただ、いまの仕事へのモチベーションもすっかりなくなってしまった。
土曜日の試験だって、なんのために受けるのか、今となってはどれほどの意味があるのか。

このままではいけないので、なんとか自分なりの異議付けをしていかないと。
 
 
金曜日、おもわぬ所からお誘い。
同僚のメンバーからだ。
1時間ほど遅れて行く。
同日の会議で、前日打ち合わせた内容どおり議場に出したら相手をおこらせてしまったのに上司と先輩の同僚は「見殺し」にした、と憤懣をぶつける集まりとなっていた。
みんな日常ある程度上司と先輩から責め立てられていて、最近の状況につらい思いや憤懣やるかたない気持ちを持っていた。そんなメンバーのなかで最近"一番具合のよろしくない"私を心配して呼んでくれたのだった。

気持ちが嬉しかった。

すくなくとも"独りではない"
とりあえず生きつないで行けそうだ、
そう思えた。
 

 
土曜日、受験
起床6時。
朝9時から、4択200問と4時間格闘。
 
おわった。
帰宅し、すぐにテキスト類を片付けた。
結果は2月発表。
 
 
夕食後、風林の結果確認。
2週連続の20点台。
 
 
娘が寝た後、店に行く。
メンバーで残っていたのはハッちゃんとジュンコさん。
終盤、グダグダ。

トシくん、すまない。まず、身体早う治せ!!

まだもう1戦ある。 
肩ならし、と、ゲームに臨むも内容はチグハグ。「入れスクラッチ」を3回。全く乗れず。
貰い球は難しい。攻めに無理があるならセーフティ。判っているつもりが、攻めちゃう。それも不十分な検討で。

なんとか、心が澄んだ状態でゲームしたいなぁ。
 
 


|
|

« 昨日は早退すみません(ビリヤード日誌226) | トップページ | 終わり善ければ・・・(ビリヤード日誌228) »

お仕事」カテゴリの記事

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

ありますね、こうスッキリした気持ちで球撞きしたいなf^_^;

投稿: TANI | 2009年12月13日 (日曜日) 23:57

もうね、なんつうか、集中できないんですよ、何事にも。

普通って、幸せなんだなぁ。

投稿: kome | 2009年12月15日 (火曜日) 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/47011390

この記事へのトラックバック一覧です: 「異動させることにした」(ビリヤード日誌227):

« 昨日は早退すみません(ビリヤード日誌226) | トップページ | 終わり善ければ・・・(ビリヤード日誌228) »