« 残念・・・ | トップページ | 6月業務報告 »

2009年7月 4日 (土曜日)

5、6年振りに・・・

・・・危機的な精神状況になってきました。
 
 
(長文かつ不愉快な内容なので、よほど時間的・精神的に余裕のある人以外は読まない方がいいです)
 
 

一仕事、完全にスタートを踏み外したため、全部後手を踏み、叱責+悪い人物評定付きの監視下での業務遂行。
 
「仕事ができないのは仕方がない、一つ一つ着実に・・・・」と何度思っても、やはり「ダメ」という言葉をことあるごとに突きつけられ続けると、すべては受け止めきれず、正常な思考に持ち直すまで時間がかかる。
「お前はこれこれするのは苦手なのか?」はい、苦手ですといったらやらないで済むわけではないのでまともに回答も出来ず別の答えを探さなければならない。これが一番疲れる。
 そんなこんなでさらに後手に後手を踏み続ける悪循環。月末の締め切りまで迫って来ていて、作業はしたいが方向性は見えず。
 
そろそろ身体のほうにも影響が出始めて来た。
朝早めに目が覚めてしまい、とたんに不安にも似た震えがくるのと、仕事に関するいやな連想が頭から離れないので落ち着いて寝直す事も出来ない。
起きている間、頭の中は常にになにか白っぽいものが内側からヅガイコツを圧迫している感じ。
何があってもそうそう落ちなかった食欲が落ち始めた。
酒が不味い。

打ち合わせというか進捗確認というかダメだしの場というかこれが1日7時間半のうち4時間もあった金曜日、「遅い、遅いよ!」よくわかってます、言われなくても。精神的にどん底。それで夕方から別会社との懇親会。よくまあこんな状態で笑って酒が飲めたなオレ。

こんな状態で店に行ったのがいけなかった。
ゲーム中若旦那に何かつぶやいたらしく、受け答えの仕方が今度はマスターにも不快だったようで、ビールは振る舞われつつも雪隠攻め。ゲーム中なにをしゃべったか覚えていないし、何を言われてももうまったく受け止める精神的余裕なし。
さんざんぱら、何年間も言われていることを言われ続け、気がつけば朝5時。時間の経過もぶっ飛んでる。踏みつけられ続けたぼろぞうきんのようなきもちで就寝。
それでも7時前には目が覚め、震えが例のごとし。もういやだ。
当分店は控えます。こちらは気分解消しないし、周りの方々を気遣うだけの余裕がないのは失礼だし。
でも、こんなときに楽しみがないのは・・・。

こんなときは布団で横になっていても、頭の中が職場の不快な様子がいつまでもリフレインするだけなのだが、起き上がる気力もなく、昼飯を食ってまた横になる。でも眠れない。

まんじりともせず夕食。このままでは不味いと思い、食後1時間半散歩。

なんとか多少気持ちも持ち直し、夏休みの旅行計画を嫁と検討。
 
朝5時半、床に就く。
でも7時に目が覚める。また繰り返し。
 

あと1月ぐらいかな。
なんとかつぶれないように保たせないと。
 

|
|

« 残念・・・ | トップページ | 6月業務報告 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/45408207

この記事へのトラックバック一覧です: 5、6年振りに・・・:

« 残念・・・ | トップページ | 6月業務報告 »