« C-1戦 5月(ビリヤード日誌184) | トップページ | AB戦 6月(ビリヤード日誌186) »

2008年6月 4日 (水曜日)

迷路(ビリヤード日誌185)

♪ひとつ曲がり角 ひとつ間違えて
 迷い道 くねくね  
 komeです。

日、月、火と店に行きました。
 
 
 
 

「弱い球」を「置きに行く」悪癖がある、とのマスターの指摘で、
日曜日はストロークの"改造"練習1時間半。
2つの”タメ”を継続中。
 
 
”喚き癖””嘆き節”の”悪癖”も相変わらず。
1球1球の結果に”感情的に”反応しないように静かにする。
感情(ほとんどの場合、”ああ、出来ない!不味い”という感情)を押さえ込むとフラストレーションが溜まり、勝負の決着に関係なくスッキリしない。
そんな中でふと漏れる言葉が、今度は周りを不快にさせるようで、
自分が気がつかないだけにさらに落ち込む。
身動きがとれなくなりそうだ。 
 
 
「なぜこんなことをしているのか」
「こんな思いまでしてなぜビリヤードを続けるんだろう」
 
何かを見失いそうだ。
 
 
マスター 
”僕らはいつも100%やろうとしているからいけない。たとえば『今日は60%が出せた』と思えたらいいんじゃないの?”

”始めた頃の気持ち、忘れちゃったんじゃないの?”
 
 
「押さえ込む」のではなく、
"不味い!"と思わないようにする方法を考えよう。
 
 
「求め方」「目標の設定」もやりなおさなければ。
 
 
本当はどうしたかったんだろう・・・・
 
 
しばらく、考えます。
 
 

|
|

« C-1戦 5月(ビリヤード日誌184) | トップページ | AB戦 6月(ビリヤード日誌186) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/41422705

この記事へのトラックバック一覧です: 迷路(ビリヤード日誌185):

« C-1戦 5月(ビリヤード日誌184) | トップページ | AB戦 6月(ビリヤード日誌186) »