« まあ、えらい試合ですねぇ・・・・ | トップページ | CPMA 6(MBAB) 都はるみなら・・・・ »

2007年11月13日 (火曜日)

ジャンプのシーズンが

始まります。

「ジャンプでも賞金出るんですか?」
「いくらぐらいなんですか?」
「日本円でどれぐらいなんですか?」
「スイスはユーロじゃないんですか」

というマスターあーんどメグタンの取ってつけたような素朴かつ矢継ぎ早のご質問に、テケトーな回答をお返ししましたが、
正解は以下に↓
 

R U L E S „E.ON RUHRGAS“ FIS World Cup Ski Jumping 2007/08

5.1 Prize Money
The Organising Committee must provide prize money of at least the following amount in Swiss Francs (CHF) per competition: Single competition: CHF 70'000.—, divided between the top 10 athletes as follows:
1. CHF 30'000.— 6. CHF 2'000.—
2. CHF 15'000.— 7. CHF 1'000.—
3. CHF 10'000.— 8. CHF 1'000.—
4. CHF 6'000.— 9. CHF 1'000.—
5. CHF 3'000.— 10. CHF 1'000.—

Team competition: CHF 70'000.—, divided between the top 3 teams:
1. CHF 30'000.—
2. CHF 22'000.—
3. CHF 18'000.—


2007/11/12 18:40
CHF 1 = ¥ 99.220

(ウィキペディア 日本語版 「スイス 経済」より抜粋)

通貨のスイスフラン(CHF)は、金よりも堅いと言われるほどの世界で最も安定した通貨であり、1870年代の硬貨が未だにデザインも変更されずにそのまま製造され、流通している。国内の物価および賃金水準は高く、国民の貯蓄高も、日本並みに高い。輸入関税率は低く、高級外車などが比較的安く購入できる。スイスの欧州連合 (EU) 加盟の賛否を問う国民投票において、国民の過半数が反対票を投じる重大な理由はここにある。すなわち、スイス国民にとってEU加盟は何らメリットが見出せないのである。

最低限ですので、大会によって金額はさらに上がります。
なんでスイスフランなのかというと、FIS(=国際スキー連盟)の事務局がスイス・オーベルホーフェンにあるっつうこともあるでしょうが、価値が変わらない、ってこともあるかもしれませんね。
日本円でスイスフランは約100円ですね。
スイスはユーロ経済圏に入っていないっつうことですねぇ。

さて、今シーズン、この賞金を取れる日本人選手は出てくるのでしょうか。
 

|
|

« まあ、えらい試合ですねぇ・・・・ | トップページ | CPMA 6(MBAB) 都はるみなら・・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

えーと、300満ですか(・・;)


投稿: TANI | 2007年11月13日 (火曜日) 16:27

はい、最低ね。
今シーズン、個人は28戦、団体は4戦。
勝ち続ければ悪くはない実入りですよ。

金だけの話をすれば、ヨーロッパでのジャンプ選手は日本で想像する以上のすごい人気がありますので、人によってはCMのギャラなんかも結構あったりします。

やってみませんか、マスター?

投稿: kome | 2007年11月13日 (火曜日) 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/17059037

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプのシーズンが:

« まあ、えらい試合ですねぇ・・・・ | トップページ | CPMA 6(MBAB) 都はるみなら・・・・ »