« 夏が、終わりました・・・・(ビリヤード日誌153) | トップページ | あまりにも・・・・(ビリヤード日誌155) »

2007年9月 2日 (日曜日)

やっと気持ちが・・・・(ビリヤード日誌154)

少し落ち着いてきました。
 
 
9月1日(土)
JPAサマーセッション 新宿風林ディビジョン
プレーオフ
 
 

 
優勝 実業団チームNSS

2位 TeamCorner

結局実業団に3連敗
9人登録してたチームには勝てんわな(爆

キング 4-16 ニッスィー
若旦那 12-8 クイズ王
Mr. 17-3 ウエポン
kome 7-13 ダイゾー
ハッちゃん L-W グタン

<概略>
キングが"2人力"ニッスィーに足をすくわれ、若旦那も序盤1-9で一気に窮地に立ったCornerだが、お得意"驚異のマクリ"で大逆転。
復活Mr.が折角作った貯金をkomeが使い果たしてしまい40-40のイーブンに。
このシビレる状況で、マスターが作り出してしまったモンスターが大暴れとなっては、さしものハッちゃんといえどもとめる術はなかった。
 

<kome戦> 
 3つのファウルがあった。

・3番サイド右脇⇒空振り(スルー)
 撞点の上下の判断がつかずタイム、上と聞いてすぐ撞いてしまった。マスター不在で慌てたのは確かだが、「改めて厚みを確認しに行く」など冷静さを保つ方法がまだあったはずだ。打ち上げの席では不満として述べたが、決してマスター不在の所為などではない。不明不徳をお詫びしたい。

・1番バンクタッチ左撞点⇒キューミス
 タイムからコーチング。コースも左撞点もコーチングの前にすぐ判ったが、指示された撞点は思ったより更に左だった。未経験の撞点+一抹の疑念=動揺がミスにつながった。素直でない人間はいつも遠回りをする。

・6番サイド右半ポイントコーナーバンク⇒イレ+手前サイドスクラッチ⇒ゲームボール
 カットでコーナーは遠い。サイドバンクはハラキリなのに角度が浅い。コーナーバンクでいくしかないと思った。入らなくても手球と6番が離れればよいので左撞点にしたつもりだったが上だった=押しの回転が入った+ひねりが足りなかった=真左でも良かった。

 この試合の直接的な敗因はこれらファウルだと考えている。
 セッション全体を通じて、コーチングを受けた時の受け止め方+プレー+結果に対する受け止め方が課題だと考えていたが、克服しきれない場面がこの上述2つのファウルであった。
 コーチングによって困難な状況が打開され展開が大きく好転した場面もあった。結果としておそらく今回一番見栄えがした場面、2マス目フリーボール2番の取り出しが判らなかった時自分でタイムを取ってから9番までを取り切った部分がそうだ。
 ことほど左様にタイム/コーチングはゲームの変曲点。コーチする側はもちろんだが、プレーヤーがアドバイスをいかにこなすか、特にこなせなかったときどうするのか。自分としては課題はまだ積み残したままだと考えている。

 ゲームボールとなったスクラッチは自分としては、考えうる限り考え手は尽くしたと思った上で手球が全く想定しないところにいってしまったので、はっきり言って「もうどうしようもなかった」。
 やったことのないことは出来ない。自分のスキルレベルではイレの確率も高くないのでミスをする。できることしか出来ないなか、出来ることをやったか、という意味では相当の部分でうまく出来たと思う。試合中での集中なども含め、自分自身のデキとしては今セッションで最高の部類に入るとほんとうに思う。この部分に正直何の不満もない。
 
 それでも勝てない。
 
 ”消えた記録”を含め、2勝5敗で終わった。
 
 
 
 
 試合後の状況については、まだここでは書けません。
 時期が来たら書くかどうか判断したいと思います。
 
 
 

|
|

« 夏が、終わりました・・・・(ビリヤード日誌153) | トップページ | あまりにも・・・・(ビリヤード日誌155) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

三ヶ月の間、お疲れ様でした。
コーメーさん、それが正に試合です。
自分の力を120%出しても、勝てない日はある!
でもそれがJPAルールの一番面白いところだと思います。お互いに100%の力を出し切ると、AクラスもBクラスもCクラスもビギナーも関係なく、いい勝負になる!
あのフリーボールからの取りきり、ダイゾー君ワンモアからのコーメーさんの捲り場面、そしてスクラッチ。
あの場にいる全員がヒヤヒヤ、ドキドキ、しながらコーメーさんと一体になってましたね。あの試合は名勝負でした!
でも名勝負はお互いの力を100%出し切らないと、名勝負にはならないんですよ。
小泉前首相じゃないけど(笑)『感動した』の一言です。
最後は運がチコット、ダイゾー君に傾いたかな(;^_^A
聖人君子になれとは言いません、悔しい気持ちは隠さなくて良いです。
でも胸張って、俺はいい試合をしたと言ってください。
そして、また次の試合で、100%の力を出し切れるように練習して下さい。
100%の力を出し切る試合なんてそうそうありません。
それを最後のあの状況でやりとげたコーメーさんは・・・。
あとは自分で気持ちの整理をして下さいな。

投稿: TANI | 2007年9月 3日 (月曜日) 14:44

今晩店に行ってよかったです。
ずいぶん気が楽になりました。
みんなには迷惑をかけました。

投稿: kome | 2007年9月 4日 (火曜日) 02:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/16319632

この記事へのトラックバック一覧です: やっと気持ちが・・・・(ビリヤード日誌154):

« 夏が、終わりました・・・・(ビリヤード日誌153) | トップページ | あまりにも・・・・(ビリヤード日誌155) »