« 第6回CornerPocketチャンピオンズカップ(ビリヤード日誌119) | トップページ | 2007GW後半戦(ビリヤード日誌121) »

2007年5月14日 (月曜日)

"Lion" Jumps Tonight...?!      (ビリヤード日誌120)

No,last night!





CornerPocketのチャレンジマッチ、毎年結構大物がやってきます。

3年前?のミカ・イモネン、昨年のフランシスコ・ブスタマンテ、今年はゴールドメダリスト川端聡プロ、と来て、

今度は


アレックス・パグラヤンですよ。

2007ジャパンオープンチャンピオン、2004世界チャンピオンですよ。
どーしちゃったんでしょ。ほんとに。


"On the Hill"にも載っちゃいましたよ
どーするんですか、いったい。


 ってなわけで、当日は中に入りきれないぐらい人が集まったCornerPocket。
ヨカッタヨカッタ。
 やりたかったのですが、今月はフトコロが苦しかったので、
もしも集まりが悪かった時には私も、と思って行ったのですが、心配無用だったようです。
 ”じっくり観戦”モードにさせていただきました。
 (大事なときに役に立たずにもうしわけない)
 
 
 一言で、サービス満天。
 チャレンジャーをイジリつつ自分がビリヤードを楽しんじゃおう、という姿勢が、結局周りも巻き込んでみんなが楽しくなっちゃう。
 笑って、叫んで、ジャンプして。
 結構撞かせてくれるし、技術もしっかり見せながら、もちろん勝負はきっちりとる。
 あらゆるスキルレベルの人が楽しめたのではないでしょうか。
 エンターテインメントの心があるプロフェッショナルですね。
 
 途中参加・途中退場の私でしたが、その間は、”じっくり”どころかこちらも”笑って叫んで”になってました。
 しっかり楽しませていただきましたよ。
 
 
 あー、やっぱチャレンジしとくんだったかなー。
 
 

|
|

« 第6回CornerPocketチャンピオンズカップ(ビリヤード日誌119) | トップページ | 2007GW後半戦(ビリヤード日誌121) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

良かったです。久しぶりにプロフェッショナルに会った感じです。
人間関係のない、Billiardは無いと再確認しました。
上手い、下手ではなく、又誰と何処で撞きたいかだけです。

投稿: old timer | 2007年5月16日 (水曜日) 01:21

出会った人を、楽しませる・・・。
上手さ、強さ・・・もちろん必要なのですが、
”魅せる”ことも大事なんだと思います。きっと。

♪key of life 君が笑うから
 すごく すごく うれしい

投稿: kome | 2007年5月16日 (水曜日) 04:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/15068252

この記事へのトラックバック一覧です: "Lion" Jumps Tonight...?!      (ビリヤード日誌120):

« 第6回CornerPocketチャンピオンズカップ(ビリヤード日誌119) | トップページ | 2007GW後半戦(ビリヤード日誌121) »