« C−1戦5月(ビリヤード日誌123) | トップページ | 3年・・・ »

2007年5月20日 (日曜日)

CPMA 3(MBAB)永六輔と・・・・

一緒にやってたんですよ。知ってますか・・・。
 
忘れちゃいませんよ、MBAB。
 
 
バックナンバー
2.太陽にほえろ!−メインテーマ  井上堯之バンド
1.Pablo de Sarasate:Zigeunerweisen  Vl:Jascha Heifetz

“武蔵と小次郎”パート4~アフリカ民族音楽“ソバヤ”  タモリ

えー、まず最初にお断りしておきますが、

1.絵は無関係です!
 ま、趣味の合う方はじっくりお楽しみください。元ネタはこちら

2.曲のエンドがフェードアウトしていて聴けません。
 いやー、実に惜しい。真のエンディングはもう”決まった!”というスパッとした終わり方なんですが。実に惜しい。
 
 いろいろ探したんですけど、見つかりませんで。すまんこって。
 でもこれをようつべに揚げた人、やっぱえらい!
 
 
 で、タモリなんですねー。
 小4あたりでお笑いに目覚めてしまった私。ヒーローはドリフと欽ちゃん。これはいまだに変わらないのですが、出始めの(=いいとも以前の)タモリも捨て難いんいですねー。
 
 元ネタは↓こちら。

http://g-ec2.images-amazon.com/images/I/31BNMC1TTSL._AA240_.jpg タモリ:アルファミュージック
 
 制作スタッフがこんな面々なのです。
 当時のフリージャズの勇、山下洋輔、坂田明あたりは早稲田ジャズ研のつながりでしょうかね。
 筒井康隆、赤塚不二夫などがくんずほずれつして、面白いやつ(タモリ)を表の世界に引きずり出しちゃったんですね。あ、なぜか浅井慎平も加わってますね。

 たしかこのアルバム、発売禁止処分となって、改訂版を出してやっと市場に出たんですね。どんな内容だったんでしょうか。(今発禁版持ってる人、オセーテくれませんかね。)
 こんな状態だったので、ラジオでかかるなんて思ってもいなかったんです。 
 オールナイトニッポンでは掛っていたらしいのですが、そんな遅くまで起きていられるはずもなく、聴いたことがなかったのです。ところが本当にたまたま、夜10時頃の音楽番組でかかるというたんですねー。千載一遇のチャンス、すぐ録音ですよ。AMラジオの音源ですが、構わない。
 で、聴いたら、・・・・
 
 バカですねー。
 
 よくまあここまでやりますねー。
 当時はもう、毎日テープ聴いて練習ですよ。何の? 歌ですよ、歌!
 気持ちとしては、下手なヘビメタよりパワフルですよ。大汗かきますもん。
 
 ま、なんつーか、不条理だろうがなんだろうが、いいものはいい、ってことで。
 
 さて、次回は、やっとそれらしい線になりますよ。
 
 

 

|
|

« C−1戦5月(ビリヤード日誌123) | トップページ | 3年・・・ »

お笑い」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/14707821

この記事へのトラックバック一覧です: CPMA 3(MBAB)永六輔と・・・・:

« C−1戦5月(ビリヤード日誌123) | トップページ | 3年・・・ »