« 謝罪(ビリヤード日誌115) | トップページ | 2007GW前半戦(ビリヤード日誌116) »

2007年4月28日 (土曜日)

CPMA 2(MBAB)三田村邦彦は・・・

 よく憶えてません。
 
 
 
 
 

太陽にほえろ!−メインテーマ  井上堯之バンド

 家にあったステレオの所為で、音楽やラジオ、オーディオに目覚めてしまった私は、ステレオセットや、小さなトランジスタラジオをいじり回しては、音楽だけでなく、野球放送などいろんな放送を聴いていました。ステレオは居間のど真ん中にあるので、いつでも自由に使える訳ではなく、いつもいじっていたのはラジオの方でした。ただ、このラジオ、以前はあまり頻繁に使わなかった所為か、当時の電池にありがちな”液漏れ”の洗礼を受けて、電池のマイナス極の受け金具(バネ式)が錆び落ちてしまっており、私が学校の理科の実験でつかいふるしたような別の金具を挟み込んで、だましだまし使っていました。
 小学校の5、6年のころ、折しもラジカセブーム。電池が外れない、本当の自分の自由になるラジカセが欲しくなりました。
 カタログで目星をつけ、両親+親戚にお年玉をせびりたおしてお金をあつめ、念願のラジカセ(ソニーCF-1790)を買いました。
 ただ、放送はAMのみならずステレオとおなじFMも(モノラルだけどね)、SW(短波)放送も聴ける。雑誌を買って、いろんな国の放送を聴きました。
 それよりもなによりも、ぬわーんと、”録音”が出来るのです。すぐにマイクも接続プラグも買い、いろんなものを録りました。もう、録っては聴き録っては聴きの繰り返し。
 学校から帰っては日がないちにちいじってました。完璧なおもちゃでした。
 
 で、音楽でどんなものを録っていたかというと、AMやFMの”歌謡ベストテン”のほかに、テレビにプラグをつなぎ、好きなテレビ番組のオープニング曲を録っていたのです。
 
 いやー、おまたせしました。
 つまり、そーんな中で大好きだったものの一つが、この曲なんですねー。
 ナゲーよ!引っ張り過ぎだよ!
 
 刑事ドラマの大人の世界。かっこよかったんですねー、きっと。
 自分が見始めたのは、マカロニのショーケンはすでに死んでいて、松田優作の代でしたので、今回の映像もそのころのものをチョイス。”ジーパン、シンコ 愛とその死”ですよ、お嬢さん!
 
 エレピ、ギター、ドラムス、そしてサックス、のコラボレーション。
 いやー、いいです。大人の男の世界です。
 こんなんがよかったんですねー、ガキの頃から。
 でも、今聴いてもいいっすわーこれは。刷り込みですかね。
 
 さて、次回は、ある意味、時代を越えていた曲です。

|
|

« 謝罪(ビリヤード日誌115) | トップページ | 2007GW前半戦(ビリヤード日誌116) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/14707750

この記事へのトラックバック一覧です: CPMA 2(MBAB)三田村邦彦は・・・:

« 謝罪(ビリヤード日誌115) | トップページ | 2007GW前半戦(ビリヤード日誌116) »