« C−2、C−3戦4月(ビリヤード日誌114) | トップページ | CPMA 2(MBAB)三田村邦彦は・・・ »

2007年4月25日 (水曜日)

謝罪(ビリヤード日誌115)

まず最初に、とにもかくにもこれまでに一緒にいる人を不愉快な気持ちにさせたことに対しては率直に謝りたいと思います。
 
 
 
 

ビリヤードに関する無知・無思慮、他の人に対する無配慮のまま、無自覚(これが一番質が悪い)で発する言葉のなかに”ギラギラしたいやらしさ”がみえたのだと思います。

正直、まだ自分でどうしていいのかわからない。ただ黙っていればいいのかもしれませんが、答えはそこに無いことは判っています。

”思ったことをそのまま口にする”こと、それをこれまで許して受け止めてもらっているCornerPocketやお客様に”甘えて”いる自分がいるのです。

仕事なにやかやでの苦しみのなかでもなんとかやってこれたのは、ビリヤードとCornerPocketがあったからなのだと思います。
ただただ好きではじめたビリヤード、思い切って飛び込んだCornerPocket、良くしてくれたマスターやお客様のみなさん。失いたくありません。
ただ素直にもっと上手くなりたい。でも”本当に上手くなるんなら”・・・・

自分はどこからどう見たってビリヤードは上手くないし知らないことばかり。でも、”なにも知らないわけじゃない”。自分が自分をどう評価しようが、周りの人は自分に相応の役割を期待する。もう”知らない、わからない”では済まされない・・・。

いい年をして幼い自分。

でも、もう戻れないのかもしれません。
 
 

|
|

« C−2、C−3戦4月(ビリヤード日誌114) | トップページ | CPMA 2(MBAB)三田村邦彦は・・・ »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

過ちて、改めざる、是を過ちと謂う
過ちては、改むるに、憚ること勿れ
It's never too late to mend

投稿: old timer | 2007年4月26日 (木曜日) 04:25

初めてコメントをいただいたのに、なんだかわからない、あまり愉快でない話ばかりでもうしわけありません。

仰られるとおりです。
過てば、謝るだけでなく改めなければならないのです。
単に口にフタをすればいいのではないのです。

今回の件は、お互いの理解・評価に関し思い込みや誤解があるようにも思いますが、そういう誤解をさせてしまうのも、これまでに重ねてきた自分の言動にそもそもの原因があるのだと思います。

他の人を思いやること、他の人のためにできること。
自分が本当に望んでいることがなんなのか。
このあたりを自分ではっきりさせなければいけないように思います。

投稿: kome | 2007年4月26日 (木曜日) 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/14842682

この記事へのトラックバック一覧です: 謝罪(ビリヤード日誌115):

« C−2、C−3戦4月(ビリヤード日誌114) | トップページ | CPMA 2(MBAB)三田村邦彦は・・・ »