« カラオケリスト | トップページ | Sapporo 2007 ノルディックスキー世界選手権! »

2007年2月19日 (月曜日)

C−2、C−3戦2月(ビリヤード日誌102)

 今日は、実況はなしよ!
 金曜日。
 
 エントリー5名、ラウンドロビン、2ボール10先。
 

 
 
 
 
 
 

20070217_0627_0000

 すでに谷山の玉日記にてのご紹介、およびマスターからのコメントのとおり、優勝は私、komeでございましたん。
 タイトルは2005年10月ミドルクラス戦以来、1年4ヶ月ぶり。
 
 vs マナミさん戦 W-9 RO 1
 決めきれない。ヒルヒルで最後を何とか取る。

 vsアッちゃん戦 W-4 RO 4
 ウエポンのプレーを見て、ソフトブレーク主体にする。残り球が安定。

 途中、アッちゃんvsウエポン戦はビッグゲーム。
 ウエポンの残り球がことごとく穴前に。それを確実に拾うアッちゃん。
 苦渋のウエポン、余裕のアッちゃん。
 そしてヒルヒルの末、ついにアッちゃん勝利!

 vsダイゾー戦 W-9 RO 3
 優勝の行方を見るうえでは大ヤマ。
 ラストは9番の取り合い。ダイゾー、痛恨のサイドスクラッチ。”奇跡的に”勝ちを拾う。
 最終戦を勝ち3-1として結果を待ちたかったダイゾー、あまりのあんまりさに悶絶。

 梅しば争奪戦、マナミさんvsアッちゃん戦は、マナミさん勝利。
 どちらが本当に”梅しばが好きか”、の違いだったか。


 オーラス。
 vsウエポン戦
 ソフトブレーク徹底を決める。

 kome 0-2 ウエポン
 ブレークを取ったもののミス。ポイント連取を許す。

 kome 5-2 ウエポン
 4連続RO。

 kome 5-8 ウエポン
 ウエポン6連続ポイントで逆転。RO量産態勢か。

 kome 7-8 ウエポン
 RO1つ返す。

 kome 8-8 ウエポン
 第16セット、9番の取り合い。手球がレール際に残る。
 スクラッチが見えたウエポン、考えた末左コーナーに狙うも右コーナースクラッチ回避できず。悶絶。
 再び追いつく。
 
 kome W-8 ウエポン RO 7-4
 RO後の第18セット。フット付近の9番に対し手球をレール際に残してしまう。
 スクラッチが見えたのでこの日初めて「時間をかけて構えなおし」+「たてキューを選択」。
 9番は右コーナーへ。手球はサイドポケットの右ふちに当たるもスクラッチ回避成功。
 (でも、素直に上撞いてたらどーだったのだろーか)
 
 

マスター、コメントありがとうございました。

技術的な面はとにかく、
最後まで「闘えた」と思います。
やはりゲーム途中で変に昂ぶること落ち込むことなくプレーが続けられたのが本当によかったですね。

終わったあとも、もう少し大騒ぎしたくなるのかと思ったけれど実際はそうでもなかったし。
(とっても嬉しかったんですよホントに)

気構えはこの調子で、
また、出来なかったところは見つめなおして、練習+パターン化っす。

さて、ウエポンはC-1昇格!おめでとう!
(マスター「他の人とやってることが違うから」。うんうん)

ダイゾー、ホントに惜しかったね。
また来月!

マナミさん、梅しば、おいしかった?

komei's MVP はアッちゃん。
長丁場のウエポン戦、最後まで笑顔をたたえ余裕の勝利。圧巻でした。

さあ、また次回のチャンピオンズカップ、出られるのかしらん?!


 

|
|

« カラオケリスト | トップページ | Sapporo 2007 ノルディックスキー世界選手権! »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/13972803

この記事へのトラックバック一覧です: C−2、C−3戦2月(ビリヤード日誌102):

« カラオケリスト | トップページ | Sapporo 2007 ノルディックスキー世界選手権! »