« 怒涛の1週間 | トップページ | 帰還・・・? »

2006年1月23日 (月曜日)

完全休養(ビリヤード日誌67)

 ということで、Cornerに20日深夜、業務終了報告+年始挨拶(新年初登場だったのだ)。

 団長、ジュンコさんの、
 「年始以来なにかが足りないと思ってた」
 「欠けてたピースがやっとはまった」
 のひとことにちょっとグッときてしまう。

 日付変わって土曜の6時前に帰宅。
 以降、「完全休養」。
 どこが完全休養かというと・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 23時間半後の日曜朝5時半に起床。
 「暴睡」ともいうが、私は普段「完全休養」と呼んでいる。

 さすがに寝覚めスッキリ。朝って美しい!

 新聞を読んだ後、小一時間溜まった自分宛の郵便物などを整理。
 嫁、娘が起きてきて朝食を共にする。ひさびさだねー、そろって朝飯・・・。

 せっかく早起きしたので、日曜学校へ行く娘を初めて送ることにし(これまではずっと嫁がやっていた)、そのままウォーキング1時間のあと、ビリヤードの朝練をやる企画を急遽決定。

 しかし、寝ている間に当地は大雪。
 キューケースを片手に、除雪作業中のスーパーマーケットの前の歩道を通る。
 作業中の人から「そこ、滑りやすいですから気をつけてください」といわれて、
 「はい」と返事をしたコンマ2秒後に後ろ向きに転倒。
 娘、大爆笑。
 (娘は帰宅後、状況を漏らさず嫁に報告)
 キューケースと片手で支えたため服は汚さずセーフ。

 完全に刷り込まれた転倒の恐怖のため、以降のウォーキングはよちよち歩き。特に下り坂は遅々として進まず。
 予定コースの短縮を余儀なくされ、しかし時間は1時間きっかりで山水ビリヤード支店に到着。

 昼前に上がるまで、客は私一人きり。
 そりゃ、こんな大雪のあと足場も悪いのに、朝からわざわざビリヤードしに来る客はよほどの物好き(・・・・オレだよ)。
 でも、お陰で何の気兼ねもなく落ち着いてじっくり練習できた。

 <練習内容は後日追加>

|
|

« 怒涛の1週間 | トップページ | 帰還・・・? »

お仕事」カテゴリの記事

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/8533185

この記事へのトラックバック一覧です: 完全休養(ビリヤード日誌67):

« 怒涛の1週間 | トップページ | 帰還・・・? »