« ビリヤード日誌62 | トップページ | 「生ロッテファンを見るのは初めてだ」(団長談) »

2005年10月23日 (日曜日)

ビリヤード日誌63

 ここんとこ、”なにか掴めた”ような気持ちになってきた。
 気が大きくなったところで、ビリヤード小林の月例会に初参加を決定。

 CornerPocket以外の”玉屋さん”の試合に出るのは初めて!

 24人→6人4組総当たり、(当然にして)9ボール、ハンデ戦。各組上位2名が決勝トーナメントへ。私はCクラスでエントリー、3セットを取れば良いのだ。
 
 それと、エントリーは”実名”で行う! あったりまえのことだが、私はいつも"komei"で通しているので、結構恥ずかしーぞ!

 と、フォーマットを書いといたけど、結果は5敗。ぜんぜん関係ないね。

 初戦、吉川さん(B)。バンキング負け。”現状”の手球を、こともあろうか”掴む”ファウル。フリーボールと意識が勘違い。完全に気が動転。3セット目にレール際薄めの2番を入れたあたりから、やっと落ち着き始めるも、時既に遅し、0−4で終了。

 2戦、ニッスィー(!)、(LC)。バンキング負け。ニッスィーの得意技、『2ファウルです!』コールに、完全に気が動転。最後は9番を穴前に残し、0−2で終了。

 3戦、島田さん(A)。バンキング負け。手球がセンターでジャンプするパワーブレークに、完全に気が動転。といっても、ほとんどやることが無く、0−5で終了。

 これまで、1セットも取れず、ブレークも出来ない有様。ただ、ラックはより上手くなった(涙。

 4戦、藤川さん(A)。バンキング勝ち。やっとブレーク。こねこねこねまわしたあげく、2セット奪取。しかしランクの壁は乗り越えられず、2−5で終了。

 5戦、定仙さん(B)。バンキング負け。2セットを取られた3セット目、ラスト3個をセットでイン。残りも頑張りたいところだったが、1−4で終了。

 ひとことで言うと、「ま、こんなもんでしょ」。
 3戦目で奪セットなし、となった時点で、勝敗について全くこだわりがなくなった(試合なのだから、これではイカンのだか)。試合の入りに完全に失敗しているため、元に戻すのには時間がかかったが、とにかく、自分のやりたいことが出来るように努め、実際1戦、3戦以外はシビレつつもある程度できていたと思う。ハンデがもらえている今のうちなら、妙なプレッシャーさえ克服すれば、なんとかなるのではないか。
 1勝もできない輩のコメントとしては不遜にすぎるが、正直な感想。
 再挑戦の機会をうかがいたい。

|
|

« ビリヤード日誌62 | トップページ | 「生ロッテファンを見るのは初めてだ」(団長談) »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/6764203

この記事へのトラックバック一覧です: ビリヤード日誌63:

« ビリヤード日誌62 | トップページ | 「生ロッテファンを見るのは初めてだ」(団長談) »