« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月27日 (火曜日)

帰ってきた!ビリヤード日誌59

 体重が順調に落ちてきて、気が緩んでいるのか、以前に増して、不摂生になっている。
 遅くなると晩飯を食わない。代わりといってはなんだが、店でビールを飲むようになっている。また、店で気が済むまで撞くので、どうにも就寝時刻が遅くなってしまう。昨晩も寝たのは4時過ぎだ。しかし、撞かない日も、パソコンの前に座り、やっぱり4時ぐらいまであーたらこーたらしている。
 翌朝は当然にして眠いので、飯は食うが、朝のウォーキングをお休みし、帰宅時にまとめて歩こう、ということになる。60分は歩かないと”一日1万歩”には間に合わないので、結構ぐったり。ふと、家への途中休憩に、店行って球撞くかー、練習もしないとなー、となる。練習すると、うーん、がんばったし、ビール、飲みたいなー、ということで2行目に戻る。

 完全に悪循環である。

 やらねばならないことは、確かに一日1万歩、夜遅くに食事をしないことで、カロリー過多を防ぎ、体重を落とすことなのだが、本当の、終局の目標は「脂肪肝」の撲滅であり、より健康になることなのだ。身を削って不健康になっては元も子もないのだ。原点に戻ろう、原点に!

 今日は家にすーっと帰って、飯食ってふろ入って寝る!


 さて、昨晩は、他の人がいなくなってしまったので店で初めてボーラード。2本実施。

 黙ってみていたマスター。

 開口一番、
「ただダラーンとゲームをこなしているだけ。
「先球を考えながらゲームをしていない。
「それは、どうやって”まとまったパターン”を攻略するかが判らないから。
「なぜ判らないかといえば、練習していないから。
「ゲームをしても、失敗したときの配置を覚えるまもなく次を狙いにいくことになるから、場当たり的で、実にならない。

「たとえば、ある3個の玉の配置。どうやって楽にとりきるかを考える。そして試してみる。失敗して考え直してまたやって、そしてそれをパターンとして覚えていく。
「出来るだけ手球を動かさないでとりきる取り口をみつけていくことをやってみて。
「3個の玉がパターンになれば、あとは前に1個追加。そのときに3個玉パターンのスタートに手球を送れるか、ここを練習していく。

「点をつけて行ってゲームをやってもいいけれど、
「どうせやるなら、失敗した球は、配置を戻してもう一度やって、とりきってみて。
「ブレーク後はフリーボールでもいい。結果100発入れることになる。ゲーム終わってイレが30発程度よりはるかに(効率がいい)練習になる。
「あるいは配置を戻してもう10発やってみたほうがいい。そしてそれをパターンとして覚えて。そしてとりきってみる。そのときは10フレは長いから、5フレ。
「あるいはフレームはもっと少なくてもいいかもしれない。3フレ、2フレ、それをとり切って90点、60点にする。

「komeiさんは根性がある。どんな点数でもボーラード最後までやりきるから。ボクだと点が出ないと途中でやめちゃう。
「そういう根性を、さっき言った方向に振り向けてみて。
「今のkomeiさんにはそういう練習がいい。」


・・・・・・。


一人の時の練習のしかた、考えてみます。


でも、

 

いつ寝たらええんかいなあ・・・・・。


時間もみつけます。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月25日 (日曜日)

帰ってきた!ビリヤード日誌58

 午後のウォーキングの途中、1時間ほど練習(@山水)。

 前半、CornerPocketで火曜日に100発打ち込みをした際の配置を再現。たまたま渋茶さんがやっていた練習(図の左)の、手球はセンターライン上(故にほぼ1ポイント近め)に、火曜日はやらなかった左右のコーナーそれぞれ対称で配置。しかし、手球の出所を決めるところまではせず、イレとキューの出し方、手球の第一クッションの入り方に注意を払った。撞点の高さも変えて、手球の道行きをチェック。
 50発弱をいれ、それでも2発ミス。
 イレは確実性が増して来たが、撞点とフリを変えながら手球の位置を意識するところは、やはり「どこに球を運ぶか」を明確にイメージしておくことが必要。ただダラッと球を撞くのみに終わってしまい、「練習のための練習」になってしまう。どうにも「球がここにくる」という感覚がわかるところまで来ない。左右交互に撞くという試みも、その意識を拡散させてしまったかもしれない。

 後半、ボーラード。
 最悪。4点以上のフレームは1回のみ。これは、「競技」のレベルまで気持ちを高めてやらないと、点も意欲も高まって来ないようだ。また、厚みに意識がとられ、ストロークをおろそかにするクセがまたもや首をもたげてきた。どうコントロールすればよいのだろうか。

 個人練習の方法は、まだまだ改善の余地が大きい。夏休みも数日ボーラードを中心にやってみたが、むしろストロークやイレがバラバラになった印象がある。何のために練習するのか、明確な練習のビジョンが必要な気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月21日 (水曜日)

トシくん、ご来店!

 おお、やっと来ましたね。待ってましたよ! トシくん。 いらっしゃい
  ネタを2つ(その1)(その2)も振っておいた甲斐があったというものです。

 CornerPocketのアッパーミドルクラス在籍、若旦那に次ぐ”二代目若頭”、最近、ミドル戦でついに”無冠の帝王”を返上、それを境に出る試合ごと優勝を重ね、アッパーズ戦の数少ない優勝経験者ともなり、マスターにも”勝ち方を覚えた”と言わしめた若手有望株であります。ついでに、現在、”空クッション王”のタイトルを持っています

 ちょくちょくこちらに来てくれていたみたいで、ありがとう。
 一度コメント書いたら、もう恥ずかしくないよ!
 これからも覗いていってね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月19日 (月曜日)

アルゴリズムたいそう、はじめー!

 マスターが「『アルゴリズムたいそう』っての、しってる?おもしろいね」と。
 
 マスター。
 いいところに目をつけましたね。

 巷のよいこのみんなは先刻ご承知。おかあさんもいっしょにご承知。恐れ多くも天下のNHK教育テレビ ピタゴラスイッチの人気コーナーといえば、アルゴリズムたいそう のことと相場は決まっている(・・・のか?)。娘がみていたのを一緒にみて、すごい! 考えてる! おまけに笑える! 
 いやー、最近のこどもは、いいもん見せてもらってるねぇ。感謝しろよー!

 じゃあ、マスター、
 みんなで体操しますか!

 ということで、絵でみて体操がわかるネットの素材を探索中、ついに発見!
 にっく さんがつくった "アルゴリズムたいそうFLASH"!!!
これもすごい!、人は棒で出来ている! 音楽、字幕入り! おまけに、「ひとりでたいそう(れんしゅうバージョン)」「ふたりでたいそう(ほんばんバージョン)」の二つを用意。いたれりつくせり!
 ほかにも、このたいそうの前身「アルゴリズムこうしん」や、FLASH置き場には、番組の別コーナー「ピタゴラそうち」のFLASHもあるぞ! 
 番組みてたひとは、想像つくでしょ、これつくるエネルギー(元もFLASHも)!

 いやー、いいものみせてもらいました。

 さあ、マスター、練習しましょう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ビリヤードblog探索の旅2

 今度は、渋茶さんのお気に入りリンクから辿ってみたのは、シロクマの部屋@BILLIARDS。オーナーはシロクマさん。
 ヘッダーには"ビリヤード@B級への道"と。おお、辿るたびにすこしづつステップアップしてるぞ(一人遊び)。

 「ビリヤード練習項目」の”センターショット”、”引き球”のFLASH画像と、丁寧な解説文が気に入りました。

 うん、システムを駆使して自由自在に白い手球を操り、色とりどりの的球を動かしラシャのキャンバスに描く"ビリヤードの絵画"ですか・・・・。アーティスティックな表現。いいっすね。
 ビリヤードを始めたころはなんとなく知っていたつもりだけれど、やっぱり目先の球をイレることにとらわれ忘れてしまい、最近になってとても大事なことだと実感することとは、手球を狙い通りに操り、ポジショニングしていくこと(でも、いまも出来ないけど)。上手く取り切れたら、それはひとつの"芸術"やねー。
 練習しよ・・・。

 ということで、いきなりトラックバック。こちらもしばしば寄らせて頂きます。初めまして。どうぞよろしく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2005年9月18日 (日曜日)

ビリヤードblog探索の旅1

 luckyrush_isiさんのBookMarkから、ほかのビリヤードblogも辿ってみよう!

 どういうわけかタイトルが親しみやすくて、まずたどり着いたのは
 
 "「渋茶のビリ天・めざせC級上位!」"(オーナー 渋茶さん)。

 微妙な位置を目指してらっしゃるけれど、ボーラードクラスをよくみると、あら、すでに目標達成済みのご様子。私より1個ランク上だわー!(ランクC2なんだ、私って。"虫歯進行中"みたいやなー)
 マイキュー2年目とのこと。私より1年先輩だわー!

 「練習」コーナーの画像もきれいだ。記事の内容も自分が教えてもらって来た過程や経験とよく似ている感じで、参考になるなー。

 現在、ご自分でタップ取付の過程を公開中。
 すごいなー。まだここまでは来てませんね、私は。マスターにおまかせだもんなー(まだ取り替えにもなってないし)。

 こちらもしばらく寄せてもらおうかなー。突然ですが、ヨロシクお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月17日 (土曜日)

すごいお方・・・(尊敬

 テクノラティ というブロクサイト検索エンジンの存在を知り、”ビリヤード”のキーワードで検索をかけたら、ヒットしたのが「ビリヤードC級の「天国への階段」」。
 拝見すると、ブログオーナーの luckyrush_isi さん、なんと練習用のビリヤード台を『自作』(!!)されている。現在製作過程の写真を連載中。大理石の代わりに木の板が使われている様子。いやー、すごい。衝撃的。
 「自宅にプール」はビリヤードプレーヤーの夢のひとつの形。それを、”自分で作る”という方法で実現されるとは。感動しました。

 すでに完成した台を使って、今はご自宅でセンターショットの練習にいそしんでおられるご様子。
 私はたまに、フォームのぶれ確認のため左右15球づつ手球を2ポイント離してやってます。「他のショットもあるのでセンターショットばかりやらず、数は限定してやったほうがいい」、と言われたので、現在のやり方にしています。
 最近やったときは半分ぐらいしか入らなくなってしまい、ストロークがおかしくなっているのを実感しました。現在バンキングの強さを意識してストロークを矯正中です。
 
 製作過程はどうなるのかなー、ポケット幅2個ないから厳しい台だなー、など、興味津々!しばらく拝見させて頂きます。どうぞよろしく。

 と、トラックバックしようと思ったら、現在受け付けておられないとのこと。コメントに入れさせていただきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

帰ってきた!ビリヤード日誌57

 昨日、会社の全国担当者会議を開催。有志で懇親会。北海道、関西、九州の支店のメンバーと歓談。
 ビールジョッキ3杯、焼酎お湯割り2杯。

 終了後、残った本社メンバーで2次会。
 紹興酒おちょこで4杯、桂花陳酒ロックで1杯。

 すでに酩酊状態で、ミドルクラス戦にオジャマ虫。

 5名エントリー。4ボール3先の総当たり戦。

 ゴッちゃん(彼女なし)戦。3−1

 ニッスィー戦。2−3

 Miss MYRES'S戦。3−2

 この時点で2勝1敗に4人が並ぶ。

 前段のゴッちゃんvsニッスィーはゴッちゃん勝利!私が勝てば優勝だ。

 
 
 
 
 

 ハナワさん戦。1−3  (号泣)

 1−1での第3セット、ランナウトまで持って行く目前、9番で痛恨のミス。
 そのままセットを落とし、第4セットはランナウトで無抵抗のまま敗北。

 第3セットは、狙い通りに手球を持って行ったつもりだったが、最後体がすこし伸びた姿勢でつくことになったので、戦略ミスか。ただ決して難しい配置ではなかったし、イレの確実性もほしいところだ。

 試合中、ギネス1杯。まだ飲むのか!

 堂々の優勝はハナワさんでした!
 おめでとうございます!!
 (今回不参加観戦のトシくん、グズグズ言わずに参加しましょう!!!)
 
 気がつくと、また店で寝ていた。

 マスター、ゴッちゃん(準優勝、彼女なし)、ニッスィー(3位)と若旦那の店最新店)で反省会。
 話は、マスターのわかる音楽の話、ウイスキー、小渕沢企画、ゴッちゃん彼女話、ニッスィー話にも発展。
  で、反省会の結論・・・
 "ニッスィー、やることはやっとけ!"

 マッコリをニッスィーに注がれるまま5、6杯。
 いやー、さすがにもう飲み過ぎー。

 6時半帰宅。嫁が部屋のカーテンを開けていた。娘も起き出し、「パパ、これから寝るの?」
 はい、すいません。これからです。
 おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月16日 (金曜日)

帰ってきた!ビリヤード日誌56

 月曜日から昨日まで、店に毎日出席。

 水、木はゲームオンリー。
 やっぱり、バンキングを意識したストロークはいい感じ。妙なはずしは少なくなった気がする。
 たまに、スピードを殺しすぎて、変なストロークになるときがある。しっかりした振りのフォームを固めたい。

_________________

 ゲームの一局面。

 komei「難しいね」
 トシくん「バンクでしょ。空クッション王ですから」
 komei「おぉ。ブログでも書いといたよ!」
 ト「見ました、見ました」
 ko「見たんなら書き込んでよ!」
 ト「いやぁ、恥ずかしくて」

 トシくん、恥ずかしくなんかないから、何か書いてね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2005年9月14日 (水曜日)

帰ってきた!ビリヤード日誌55

 仕事のあと、店に。

 ニッスィー、トシくんと、マスターも入り

 「第一回 輝け!CornerPocket 空クッション 選手権」 

 を開催。

 白球2個、赤球1個を使用。
 参加者はチップを20枚ずつ持ってゲームスタート。
 どちらかの白球を撞いて、クッションに入れてからもうひとつの白球に当てる。
 今回はニッスィー、トシくん、私、マスターの順。マスター以外は、1クッション、2クッションを交互に狙っていく(ニッスィー=1、トシくん=2、私=1、ニッスィー=2、トシくん=1、私=2、・・・・)。マスターは必ず2クッション。規定数以上にクッションさせてもかまわない。
 失敗は、規定数以上のクッションが出来ないこと、ノークッション以外の通常のファウル、それと、白球に当たる前に赤球に当たってしまうこと(=赤球は「ブロッカー」)。失敗したプレーヤーは手持ちのチップを1枚場に出す。成功したプレーヤーは、場に出ているチップを総取りする(なければそのまま)。成功した上に的球をポケットすると、他のプレーヤーからチップを1枚ずつもらうことが出来る。
 ポケットした球はお互いはなれた、フット、センター、トップの各ポイントへ再配置。
 すべてのチップを失ったプレーヤーが出た時点でゲーム終了。チップの数で勝敗を競う。

 結果は、トシくん優勝!

 結構、おもしろいね。2クッションの発想ができるか、パターンを知っているかが重要。

 ついでに、マスターから「プラス2システム」の解説。説明が難しいので後に譲るが、とにかく2クッションで、思ったところにくるねー。うんうん。

 今夜はおもしろかったな。
 
 ストロークは矯正中。スムーズに突き出すことを意識しよう。

 うわっ、今夜も4時近くになってしまったぞーい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月13日 (火曜日)

帰ってきた!ビリヤード日誌54

 昨日、メンバーが名古屋出張するので、「壮行会」と称し、飲む。所詮名古屋程度では日帰りなのに、何の壮行会だかわからない。ただ酒が飲みたかっただけ!
 普段の帰り道から曲がったことのない横道をまがり、行ったことのない小洒落たカウンターバーへ。地鶏焼が自慢の店らしい。品書きに”ぢどり”とあるのはこだわりか。
 マスターのレコメンデッドに従い、”ぢどり”とラム焼を注文。出てきたのは、お上品な量の肉。おなか、すきませんか?
 バカ話をしながらビール3杯、梅酒ロック1杯。バカ話が隣の客にも広がり、ジョニ黒のご相伴にもあずかる。飲みすぎや。

 酔いに任せて、CornerPocketへ。酔いに任せて、OldCrow水割り。
 先日の女性(セイケさん、というらしい)のレッスン中。一息ついたところで私もレッスン(酔ってるのにん)。

1.コーナー1ポイントの的球をフリをつけて無回転でイレるときの長クッションへの入る手玉の位置を確認。
 バンキングでの「無回転」の撞点も確認。

 同じ位置関係から、手玉をより手前で長クッションに入れるのにはどうしたらいいか?
 答え → 撞点の高さを上に変えていく
 
 上記と同じ位置関係から、同じ撞点、同じ強さで、手玉の走りを縮めていくにはどうするか?
 答え → 手玉のフリを厚くしていく
 
 これらを実際に何個もイレながら確認していく。

 
2.手球をフットポイントからキッチン側短クション中央に向かってまっすぐ、真右を撞く。
  → 右サイドポケットを通過する前に長クッションへ入る。

 同様に撞いて、長クッション、手前のコーナー近くに入れるためにはどうするか?
 答え → すこしづつ中心に撞点を寄せていく。

 さらに、手前短クッションに直接入れるためには?
 答え → 中心のわずか右を撞く

 ひねりをいれるにしても、撞点の位置の違いで、手球の動きは変わる。この違いを体得するようにする。

 さらに、キッチン側短クッション中央に1個が入る程度の幅の、2個の球で作ったゲートに向かって、真右を撞き、ゲートを通して同様の動きを試す。
 → マイキューがACSSとはいえ、どうしても見越しは出るので垂直方向に撞くわけにはいかない。ゲートを通せるキューの向きを探していく。

3.ゲーム。マスターの指令は「全部バンキングの強さで振ること」
 → ストロークがイカレてしまった私。 
 マスターの見立てでは、今の私は、
 タメが作れない(「いーち、にーいさん」のタイミング)、
 キューが出し切れない(インパクト前で減速し、手球を撞いたあと、キュー先が手球の位置を通り越すことがない)、
 という状態で、強く鋭く撞こうとすると力いっぱい力んでついてしまっている。これらが手球の方向性に大きなブレを生じさせているようだ。
 改めて、
 バンキングの強さと
 タイミング(「いーち、にーい、のーさん」)、
 振り出し(導線に沿いまっすぐ)、そして
 「撞けばどういう動きをするのか」、
 を体と記憶に刷り込みなおす。
 実際やってみると、結構イレがよくなってきた。手球も存外に走っている。引きをかけても効きがよい。力を入れなくてもここまで出来る、というか、むしろ力を入れないほうが結果がいい感じだ。

 バンキング、しばらくやっとこうかしらん。

 と、やっていたら朝の4時半。まだ月曜なのに。酒飲んだ挙句・・・。睡眠時間が・・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2005年9月10日 (土曜日)

復活宣言!(おなかは)

 9月9日、午前。快通。

 やっと、まともに飯が喰える!!

 8月決算も締め、飲みにいく。でもお湯割り1杯のみ。

 ついでに、ビリヤードもやって行く。結局朝5時まで。
 (マスター、ニッスィー、遅くまでおつきあい感謝!)

 「もう大丈夫だろう」と、3時からビール3杯。

 「長期離脱のリハビリですね。」
 「フォームがバラバラになっちゃいました」
 「ストロークもおかしくなってますよ。強く撞く時、急いで振ってるし、弱く撞く時、減速しちゃってます。どの球も一定のタイミングで。球の強さは、バンキングより強いか弱いか、で考えて。」
 「『基準』を見失ってましたね」
 「それと、まだ、球を睨んでイレや厚みに集中しているみたいですけど、もうだいたい出来てますから、それに戻らないで、その先にいきましょう。そこまで戻る必要はないです!」

 次のステップを克服しないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005年9月 6日 (火曜日)

は、腹がーっ・・・・・

 9月1日、午後、仕事の打ち合わせ中、腹に激痛が。

 それからトイレへ。
 下る、下る! 戻す、戻す!

 なんか、中ったんだろうか。

 打ち合わせもそこそこに、応接室で撃沈4時間。

 腹が落ち着かないので、乗り換えのある電車の帰宅をあきらめタクシーをつかまえ、帰宅。

 以来、今日まで、腹の調子がすこぶる悪い!
 未だに固いのが出てこない。水っぽいのばっかり。
 いつまで続くのでしょう、この状態!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »