« 復活宣言!(おなかは) | トップページ | 帰ってきた!ビリヤード日誌55 »

2005年9月13日 (火曜日)

帰ってきた!ビリヤード日誌54

 昨日、メンバーが名古屋出張するので、「壮行会」と称し、飲む。所詮名古屋程度では日帰りなのに、何の壮行会だかわからない。ただ酒が飲みたかっただけ!
 普段の帰り道から曲がったことのない横道をまがり、行ったことのない小洒落たカウンターバーへ。地鶏焼が自慢の店らしい。品書きに”ぢどり”とあるのはこだわりか。
 マスターのレコメンデッドに従い、”ぢどり”とラム焼を注文。出てきたのは、お上品な量の肉。おなか、すきませんか?
 バカ話をしながらビール3杯、梅酒ロック1杯。バカ話が隣の客にも広がり、ジョニ黒のご相伴にもあずかる。飲みすぎや。

 酔いに任せて、CornerPocketへ。酔いに任せて、OldCrow水割り。
 先日の女性(セイケさん、というらしい)のレッスン中。一息ついたところで私もレッスン(酔ってるのにん)。

1.コーナー1ポイントの的球をフリをつけて無回転でイレるときの長クッションへの入る手玉の位置を確認。
 バンキングでの「無回転」の撞点も確認。

 同じ位置関係から、手玉をより手前で長クッションに入れるのにはどうしたらいいか?
 答え → 撞点の高さを上に変えていく
 
 上記と同じ位置関係から、同じ撞点、同じ強さで、手玉の走りを縮めていくにはどうするか?
 答え → 手玉のフリを厚くしていく
 
 これらを実際に何個もイレながら確認していく。

 
2.手球をフットポイントからキッチン側短クション中央に向かってまっすぐ、真右を撞く。
  → 右サイドポケットを通過する前に長クッションへ入る。

 同様に撞いて、長クッション、手前のコーナー近くに入れるためにはどうするか?
 答え → すこしづつ中心に撞点を寄せていく。

 さらに、手前短クッションに直接入れるためには?
 答え → 中心のわずか右を撞く

 ひねりをいれるにしても、撞点の位置の違いで、手球の動きは変わる。この違いを体得するようにする。

 さらに、キッチン側短クッション中央に1個が入る程度の幅の、2個の球で作ったゲートに向かって、真右を撞き、ゲートを通して同様の動きを試す。
 → マイキューがACSSとはいえ、どうしても見越しは出るので垂直方向に撞くわけにはいかない。ゲートを通せるキューの向きを探していく。

3.ゲーム。マスターの指令は「全部バンキングの強さで振ること」
 → ストロークがイカレてしまった私。 
 マスターの見立てでは、今の私は、
 タメが作れない(「いーち、にーいさん」のタイミング)、
 キューが出し切れない(インパクト前で減速し、手球を撞いたあと、キュー先が手球の位置を通り越すことがない)、
 という状態で、強く鋭く撞こうとすると力いっぱい力んでついてしまっている。これらが手球の方向性に大きなブレを生じさせているようだ。
 改めて、
 バンキングの強さと
 タイミング(「いーち、にーい、のーさん」)、
 振り出し(導線に沿いまっすぐ)、そして
 「撞けばどういう動きをするのか」、
 を体と記憶に刷り込みなおす。
 実際やってみると、結構イレがよくなってきた。手球も存外に走っている。引きをかけても効きがよい。力を入れなくてもここまで出来る、というか、むしろ力を入れないほうが結果がいい感じだ。

 バンキング、しばらくやっとこうかしらん。

 と、やっていたら朝の4時半。まだ月曜なのに。酒飲んだ挙句・・・。睡眠時間が・・・・・。

|
|

« 復活宣言!(おなかは) | トップページ | 帰ってきた!ビリヤード日誌55 »

ビリヤード」カテゴリの記事

ビール ほか アルコール」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
酒よいですね。梅酒もよいですね。
自家製梅酒造りました。映像アップしています。

投稿: tokyosake | 2005年9月13日 (火曜日) 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/5925069

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた!ビリヤード日誌54:

« 復活宣言!(おなかは) | トップページ | 帰ってきた!ビリヤード日誌55 »