« 久々にCountry Worldへ | トップページ | ビリヤード日誌34 »

2004年11月27日 (土曜日)

ビリヤード日誌33

 先週20日金曜日のミドルクラス戦。

  先に結果から。

 優勝 山田さん(元ビギナーズチャンプ、前回ビギナーズ大会最下位から、驚異の6戦全勝でミドルクラス初制覇)
 2位 Mr.ミステリアスさん(現ビギナーズチャンプ。2階級制覇ならず、残念!)
 3位タイ トシ君(蜜柑の、もとい、未完の、もとい、無冠の帝王。次回は優勝?)
 同  私(ちょーしよかったとおもったんだけどなー!)

 9人エントリー、5人と4人の2プール総当たり、ラストナイン2先、制限時間15分、勝ち点:時間内勝ち4点、時間オーバー勝ち(=得セット、同セット時は総個数が多い)2点、引き分け1点、負け0点、各上位2名が決勝トーナメントへ。決勝トーナメントは1先。

 予選最終戦、トシ君と。
 あっさり0−2で負け。今日はあまり隙が感じられなかったので、結構いけるとおもったのになー、トシ君。決勝でも一度当たっても勝てる気がしなかったね。

 準決勝、Mr.ミステリアスさんと。
 4つ一気に落として、9番。メカニカルを使って、撞こうかという矢先に「球触り」。キュー先が出過ぎて手球に触れてしまいました。(涙
 このファウルから、次第にまくられ、最後は9番がコーナーと手球と一直線。このとき、既に私は死にました。
 しかし、なぜかミス。まさかの出番が回ってきたが、ここのところイレの調子が悪い右フリ(的球の左に当てる)に。距離も角度もたいしたことはないが、苦手意識が首をもたげたのかミス。やっぱり私は死んでました。

 しかし、表彰後、最近の試合内容により、アッパーミドルクラス(アッパーズ)への昇格を言い渡された。当面ミドルクラス戦にも出て構わない、ということなので若葉マーク付きだ。何となく「わたしでいいんでしょうか?」みたいな気持ちで、ヤターといった感じではないのだが、2ヶ月先に上がった森田君や実業団部長、そして若旦那と再びキューを交えることができるのだ。

|
|

« 久々にCountry Worldへ | トップページ | ビリヤード日誌34 »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33918/2086055

この記事へのトラックバック一覧です: ビリヤード日誌33:

« 久々にCountry Worldへ | トップページ | ビリヤード日誌34 »